注文住宅をする際に考える家族構成と間取り


家族構成から見えてくるおすすめの間取り

それぞれの家族人数や生活スタイルによって最適な間取りは変わってくるため、間取りを考えるのは慎重に進めなければいけません。子どもの数は?今後一緒に住む世帯数は?そんな10年後20年後の未来計画も含めて、じっくり検討しましょう。

2人家族ならゆとりを持った2LDK

夫婦やカップルなど2人家族で生活するのなら、共用空間であるリビング・ダイニングに加えて個人部屋を用意した2LDKがおすすめです。共働きなどで生活リズムが異なる場合もあるため、プライベートな空間があるとお互い無理なく生活できます。将来子どもが増えることも考えている場合は、1部屋を広く取りいずれは2部屋に仕切れる形にしておくと安心です。

3人家族なら3LDKがベスト

子ども部屋と主寝室+1部屋のゆとりがあると、様々な生活スタイルに対応できます。子どもが大きくなればプライバシーを守れるように1部屋用意してあげたいもの。子どもが小さいうちはあまり使用しない部屋ができてしまいますが、成長したら主寝室+子供部屋+趣味・書斎部屋にすることもでき、子供が増えても対応することが可能です。

4人家族なら4LDKあると安心

夫婦と子ども2人を想定した場合、親と子ども2人の部屋が必要となるため3LDK以上が望ましいです。さらに個別の部屋に加えて来客対応などで使えるようにリビングに隣接させたような客室用に1部屋あるとのちのち安心ですので可能であれば4LDKの間取りをおすすめします。開放すればリビングと一続きになるような間取りにすれば、無駄なくスペースを活用することもできます。仕事や趣味など用途に合わせた部屋を用意することもできますので、プライバシーを守りながら快適な生活を送れるでしょう。

予算の範囲内で横浜の注文住宅を建てる事ができます。費用と効果が見合うか検証してから、購入を決める方法も可能です。