住みやすい家づくりのポイントは!?具体的なチェックポイントを紹介


注文住宅づくりは住みやすさを第一に考える

後悔しない注文住宅づくりを実現するには、住みやすさを最重視しましょう。人生において長くを過ごす住宅だからこそ、住みやすさが重要になるのです。住宅設計はよく考慮するべきポイントで、例えば壁が薄すぎると防音性が低下してしまいます。外の騒音が室内に響くようではストレスになるので、周辺環境も考慮したうえで家づくりをする必要があります。

収納と動線も重要なポイントで、収納スペースは十分な余裕を確保しましょう。注文住宅を建ててしまってから住みにくいと感じる場合、多くは収納スペースの位置、広さなどが関係しています。動線は家族全員が室内で楽に過ごせることを重視します。部屋のなかで渋滞が起きないように間取りを工夫する必要があるわけです。

間取り設計で盲点になりやすい点とは

窓が少なくて室内に日光があまり差し込まなければ、日中でも照明が必要になる可能性があります。注文住宅づくりでは外構も考慮する必要があり、例えばカーポートを設置すると室内が暗くなるのが普通です。こうした問題は施主が事前に想定するのが難しいため、施工会社によく相談しておく必要があります。

快適な温度の維持も重要なポイントで、夏は涼しくて冬は暖かい住宅が理想です。これは冷暖房費用を抑えることにも直結し、家計の圧縮を可能にするのです。注文住宅づくりをする際は、メリットだけでなくデメリットに関しても正確に話してくれる施工会社を選択しましょう。施主の希望を無条件で受け入れてくれるからよい施工会社とは限りません。

東京の注文住宅は、都心に近いほどコンパクトな設計需要が多いです。逆に郊外へ行くほど、庭スペースが充実した設計需要が多くなります。