賃貸物件から引っ越すためにはしっかり準備!引越しでやるべきこと


引越し2週間前におこなうこと

引越しを決め、新たな転居先も決めたならば、まず引っ越し業者を選び、引っ越しまでのスケジュールを大きく決めてしまいます。その後、仕事先や学校、周辺の人々に引っ越しをすることを伝え、引っ越しの準備へと入ります。しかし、引っ越しまでまだ余裕があるとなると、大きく部屋の中身を変えてしまうことはできません。そのため、粗大ごみの仕分けや梱包材の準備などをしておくとよいでしょう。そして、すぐには使わない本や靴、花瓶などを梱包してしまいます。ついでに固定電話の解約手続きもこの段階でして問題ありません。

引越し1週間前には行うこと

引越しまで1週間を切ったならば、日常的に使うものも梱包していきます。引っ越し直前まで使用するもの以外はまとめて箱に詰めておくとよいでしょう。そして、各種手続きもこの段階で行います。市役所において転居届を行うとともに、国民健康保険や印鑑登録の変更手続きも必要です。そして、電気やガス、水道にインターネットなどの手続きも行います。郵便物や配達物の住所変更手続きもしておかなければ、荷物が適切に届きません。

引越し前日までに行うこと

引越しの日の前日までには、ほぼすべての転居の準備を整えておく必要があります。テレビなどの家電の梱包を行うほか、当日自分で身につけて持ち運ぶ貴重品もしっかりとまとめておくとよいです。そして、しっかりと退去する賃貸物件の清掃を行います。

引越し当日に行うこと

引越し当日には冷蔵庫や洗濯機を運び出せるようにします。冷蔵庫の中身は空にする必要があるので、計画的に消費することが重要です。そして、荷物の箱の数の確認をし、現金の確認をして引っ越し業者を待ちます。

苫小牧の賃貸の相場は、2DKのアパートで4万から5万ぐらいです。築年数や、駅からどのくらい距離があるのかによっても、賃貸料金は異なってきます。