住宅設計で妥協できないこと!?快適な生活を実現するために


住みやすさを常に意識してみる

立地と建物の両方にこだわりを反映させられるのが注文住宅です。通勤・通学の利便性を重視した土地選び、好みに応じた外観と内装の実現などなど。注文住宅の多くはセミオーダーメイドで建てられており、完全なるオーダーメイドではありませんが、それでも建売住宅と比較すると圧倒的に自由度が高いです。終の棲家を確保するならば、なおのこと注文住宅を選択するメリットは大きいです。

注文住宅づくりで忘れてはいけないのは、生活シーンのシミュレーションでしょう。一から作り上げていく性質上、すでに完成している建売住宅と比べて生活シーンのイメージが難しい問題があります。ここを解消するためには、住宅模型を製作してもらう方法があります。間取りや動線などのイメージが可能になれば、便利な点・不便な点が明確になるはずです。

快適生活を左右する収納スペース

収納スペースが住みやすさに直結するのは意外と知られていません。どんなに広い部屋であっても、スペースを埋め尽くすほどのモノがあれば、部屋は狭くなってしまいます。床にモノを置いたり、積み上げたりする状況にあれば、住みやすさは失われていくでしょう。収納スペースに関しては、常に多めを意識してください。これには自身や家族の性格も影響し、例えば靴を収集するのが趣味という人であれば、大きめの靴箱を購入しないと置き場所がなくなるでしょう。注文住宅が完成してから後悔する大きなポイントが収納スペースの不足なので、余裕をもって確保してください。

光熱費も節約でき、隙間をなくし家の気密性を高めて、夏涼しく冬暖かい家を実現するのは福岡の注文住宅です