基本を解説! 一戸建て住宅の建築工法について


代表的な建築工法について

一戸建ての住宅を建築するにあたり、いくつかの工法が考案されています。日本において伝統的な工法とされているのは、軸組工法です。これは縦方向の軸となる柱、横方向の軸となる梁、ななめ方向の軸となる筋交いを組み合わせて住宅の骨組みを構成します。柱や梁など基本的な素材は木材を用いるのが一般的です。木材ではなく鉄骨を用いる工法もあり、この場合は筋交いがない設計もあります。鉄筋と板で型枠を作り、そこにコンクリートを流して壁を作るRC工法という手法もあります。この場合、壁を曲面にすることも可能なので幅広いデザインを実現できる工法です。住宅の安定性や断熱性など基本性能については法律で規制があるので、どの工法を選んでも問題はありません。

住宅メーカーによって得意な工法がある

住宅を建てる工法はいくつかありますが、住宅メーカーによって採用している工法が異なります。大手のメーカーであれば複数の工法に精通している場合がありますが、小規模なメーカーほど工法やデザインが限定的になる傾向です。具体的には、木造の住宅設計を得意としているメーカーにコンクリートの住宅を相談しても対応できないかもしれません。自分が望んでいる家がどのようなものなのか、イメージをなるべく具体的にするとメーカーの候補を決めやすくなるでしょう。工法の選択や耐震性などに関係するオプションの追加によって、総合的な建築コストが大きく変わることもあります。メーカーのスタッフとよく話し合って、理想的な家を建ててください。

絶対に失敗したくない家づくりをプロがアドバイスしてくれ、悩みを解決してくれる愛知の注文住宅は成功への第一歩です。