不便に感じたくない!注文住宅の設計時には収納について考えよう


注文住宅は収納場所で失敗しやすい

自分の希望を取り入れやすく、間取りを自由に決めることができる注文住宅。理想のマイホームを建てるためにぴったりな注文住宅ですが、魅力がある反面で注意する点もあります。家の間取りを決めることは、専門知識を持っていない人はどこから決めればいいのか悩んでしまいます。そのため、欲しい要素を取り入れた家にはできても、快適な家を建てることが難しくなってしまうのです。特に失敗しやすいのが収納場所です。収納場所は物を片付けるために必要になるものですが、収納場所の広さによっては、室内を狭くしてしまう場合もあります。そのため、一室に必ず収納場所を設けることが難しいことも。

収納場所を決める時には、部屋のどこに収納場所が必要か、どこにあると便利かを考えてから収納場所の配置をおこないましょう。

快適な暮らしに役立つ収納方法

生活していると物は自然と増えてしまうので、多く物を置ける収納量を確保しておくようにしましょう。大容量の収納ができるウォークインクローゼットがあれば、季節によって使わない服も片付けておくことができます。リビングの近くに設置しておけば物置としても活用することができるので、食料などの備蓄を管理する場所として使うこともできます。また、アウトドアに使用する道具は場所も取るため、片付けるのが手間になることもあります。そうした時は、ベビーカーやゴルフバッグなどの大きめのアウトドア用品を収納できるシューズクロークを配置してみてください。シューズクロークは玄関近くに造っておくことで、物を取りに行く手間をはぶけます。

大阪の注文住宅は、伝統的な工法を大事にしている地域の工務店や、住宅の外観や内装まで柔軟に選択できるハウスメーカーなど様々なところで施工を依頼できます。