家事を便利にする家づくりとは!?生活動線とスペースは無視できない


家事の利便性を重視した注文住宅

子育て中の主婦にとって家事のしやすさは大切なポイントです。家族が多くなるほど部屋の混雑・渋滞が発生し、平日・休日を問わずに朝はストレスが溜まりがちです。生活動線が十分に配慮されていないと、誰かが洗面所を使用していると、その横を通り過ぎることができないなどの問題が発生します。

水回りの設備に問題があると、家事全般に影響してきます。洗濯をしながら掃除や料理をするなどの、複数の作業を並行するのが大変になるのです。子育て世代の家庭が注文住宅づくりをする際は、室内のなかでも特に水回りのスペースを多く確保し、さらに人の行き来がしやすい生活動線を意識しましょう。そのためにはキッチン、洗面所をどこに設置するかも重要なポイントになります。

家事と収納スペースの関係とは

収納スペースに余裕がないと、家事がスムーズに進まなくなります。キッチン周りが乱雑としていると、モノを探すときに苦労するでしょう。収納スペースの不足は、注文住宅が完成して生活する状況になってから気づくケースが多いです。収納スペースはかなり広いと感じる程度に設定すると、あとから後悔せずに済みます。

家事をしやすい住宅は、時間の節約にも直結するのです。短時間で家事を終えることができる、思わぬ怪我を避けられるなどのメリットがあります。キッチン周りが狭いと、人が行き来するときに互いがぶつかってしまう可能性があるのです。もし熱い鍋を持っていると、思わぬ事故につながるでしょう。キッチン周りの使い勝手のよさは、安全な暮らしのためにも無視できません。

神奈川の注文住宅では、玄関や門の設備が見落としがちなので、デザインするときには気をつけるようにしましょう。