賃貸住宅は安全な住まいを選ぶ事が大事。2つのポイントに注目


築年数に注目する事が重要

賃貸住宅を選ぶ時は、なるべく安全に住める物件を選ぶようにします。そこで、注目しておきたいのが築年数です。物件情報には、築年数が記載されていることが多く、例えば築年数10年の場合だと建設されてから10年経過しているという意味です。つまり、物件が新築なのかそれともある程度建設してから時間が経過しているのかが分かるので重要な項目になります。日本の場合は、地震が多くしかもいつ大きな地震が起きるのか分からないので古いマンションやアパートだと安心して住めない可能性がありますよね。

つまり、安全に住むためにもなるべく新しい賃貸住宅を選ぶようにしましょう。特に、地震対策をしている賃貸住宅でさらに築年数があまり経過していない場合だとかなり安全に住める可能性が高くなります。

周りの環境を意識して選ぶ

安全に住むためには、賃貸住宅の周りの環境にもある程度注目していく必要があります。例えば、すぐ近くに海がある場合だと仮に津波や高潮などが起きた時に海水被害にあう可能性がでてきますよね。特に大きな地震による津波は、大きくなる可能性も高いのでなるべく近くに海がある賃貸住宅を避けるようにしましょう。また、地盤が弱い場所に建てられている賃貸住宅も大雨や洪水さらに地震が起きた時に自然災害にあう危険性が高くなります。

そこで、自然災害が起きにくい場所を選ぶようにします。地盤が強くさらに周りに海や大きな河川などがない場所に建設されている賃貸住宅を選択します。自然災害を意識するだけでも、安全に住める可能性が高いです。

札幌中央区の賃貸は函館本線や市電など5路線の利用ができるため駅チカの物件も多く、こだわり条件ではデザイナーズ物件も選ぶことができます。