地域によって違うんだ!北海道の賃貸物件の特徴


家族構成に応じた間取りの選び方

学生が一人暮らしをするのであれば1Rや1DK、兄弟、姉妹で住む部屋は1DKプラスロフト付き、もしくは2DKなど住む人の人数に応じて部屋の間取りが決まります。新婚の場合、これから家族が増えてもしばらくは大丈夫なようにと少し広めの間取りを選ぶこともあります。

賃貸といえば、アパートやマンションの部屋を想像する人が多いでしょう。しかし、物件はそれほど多くないものの戸建てを賃貸することもできます。子供が2人の家族4人暮らし、転勤が多くしばらく家を買う予定がないような場合は、戸建て賃貸がおすすめです。戸建て賃貸のメリットは、収納が多い事、マンションのように階下住人への騒音を気にしなくてもよいこと、駐車場や駐輪場がついていたり、ベランダが大きいことなどがあげられます。

北海道の賃貸物件はどんな特徴を持っているの?

北海道の特徴は気候にあります。冬にマイナスになることもある北海道では、12月以降の寒さに対応できるよう暖房が完備されています。逆に夏は涼しいので、冷房がついていない物件も少なくありません。雪が多い地域のため屋根の素材は軽量なものが使われています。通勤、通学の足は主に自動車やバイクが利用されるため、駐車場、駐輪場が完備されている物件が多くあります。最近では、電気自動車の充電器が設置されている物件も増加しています。他にも、共有スペースに共用の雪かきの道具が設置されていたり、雪かきを依頼できるサービス業者を紹介してもらえることもあります。初めて北海道で物件探しをする場合は、地域性を踏まえた物件探しをおすすめします。

恵庭の賃貸物件は、恵み野西エリアが最も高く、恵み野北エリアが最も安いエリアとなっており、全体的な相場は、4万7千円程度となっています。