賃貸オフィスの選び方とは?メリットとデメリットを理解してから利用しよう!


賃貸オフィスのメリットとは?

賃貸オフィスは初期費用を抑えられることがメリットです。不動産を購入すると、最初に多くに費用がかかってしまいます。一方、賃貸オフィスは賃貸料などを支払えばいいため、初期費用は少なくなるのです。また、管理会社がオフィスの管理をしてくれるため、修理や清掃などは管理会社や所有者に任せられます。事業を拡大する時など、オフィスの移転がしやすいのもメリットでしょう。

賃貸オフィスのデメリットとは?

賃貸オフィスのデメリットは、賃貸料を毎月支払うことです。事業がうまくいかない時でも、固定費として支払う必要があります。また、購入した物件は会社の資産になりますが、賃貸オフィスは資産として残せないのもデメリットです。銀行で資金調達をする場合、賃貸オフィスは担保にはなりません。よって、不動産を持っている会社よりも、融資に関する審査が厳しい時があります。

賃貸オフィスはどのように選べばいいの?

賃貸オフィスを選ぶ時には、立地と賃貸料を重要視することが大切です。目立つ立地にある会社は、自然と多くの人に認知されやすくなります。宣伝効果も期待したい場合は、駅から近い場所を選択するといいでしょう。線路沿いのオフィスなら、目立つ場所に看板を設置すると、電車に乗っている人へ宣伝できます。ただし、立地条件がいいと、賃貸料が高くなる場合が多いです。継続して利用するためには、売上の中から無理のない範囲で支払える賃貸料のオフィスにします。また、オフィス内の設備も重要です。配線や機材の貸し出し・騒音対策などを確認すると、オフィス選択で失敗しにくくなります。

港区で賃貸事務所を探す時は、インターネットの検索サイトを活用しましょう。立地や費用や大きさなどいろいろな項目から検索できます。